シビライ村の手刺繍コースター

シビライ村からコースターが届きました。美しい刺繍はテーブルにも映えます。
【柄おまかせ】

型番 A508
販売価格
620円(税込669円)
購入数

[お取り扱い上の注意]

ひとつひとつ手作業で制作しているため個体差があり、織ムラや色ムラが生じる場合がございます。ご了承ください。

−手仕事の製品はデリケートですので、基本的に手洗いをおすすめします。

−お洗濯の際、衣料品は白物と分け中性洗剤を使い、陰干ししてください。

−絹製品の洗濯方法は、クリーニング店でご相談ください。

−布製品は湿った状態、または摩擦で色移りや色落ちすることがあります。

アイテム紹介

サイズ      約タテ11cm×ヨコ10cm
素材 綿
生産国 ラオス
手刺繍、色柄おまかせ

シビライ村の刺繍をたっぷり使ったコースター
シビライ村のシリーズにコースターが新登場しました。黒を基調としている為、異なる色柄でも美しく調和してテーブルを彩ります。

刺繍の柄は母から子へ代々伝わるもの。それぞれの家庭でみな違う柄を持っています。クラフトエイドでは、「代々受け継いだ柄を大事にして欲しい」と、刺繍の柄は自由にお願いしています。柄に合わせてカタチも決まってくるため、サイズにも若干のバラつきがございますが、ご理解いただければ幸いです。

ラオスについて

東南アジアの内陸部に位置するラオスの国土は、日本の本州と大体同じぐらい。その約70%は高原や山岳地帯。豊かな自然が残っている山間の国です。ニューヨーク・タイムズで「世界で一番行きたい国」第1位に選ばれたこともあります。人口の6割はラオ族、その他モン族やアカ族など約50もの民族が暮らしているラオスは、多民族国家です。『シビライ村』シリーズはモン族の村から届きます。

シビライ村

シビライ村は、ラオスの首都ビエンチャンから車で3時間ほど離れた、ヒンフープ郡のはずれの、道路沿いの小さな傾斜にある村です。村には約200人が住んでいます。彼らは、ラオスやベトナムで起きた戦争のために難民となって、タイの難民キャンプで15年近くも暮らし、1993年、再びラオスに帰還することができました。

ラオスに戻ってきて、一から始まった生活。このシビライ村の土地は、ラオス政府からあてがわれたもので、十分な農地が確保できません。十分なお米がとれず、自分たちが食べるお米も買わなくてはいけません。そのぎりぎりの生活を支えているのが、女性たちが畑仕事や家事の合間に、一所懸命作っている刺繡アイテムです。 モンの人びとは、もともと民族衣装を作るために刺繡が得意ですが、その技術をいかして、貴重な現金収入を得ています。

『私たちは刺繍しかできないんだ』

難民キャンプで過ごした年月の間にも受け継がれてきた、伝統の刺繡技術。忙しい農作業や家事の合間に作った刺繡が、子どものノート代や薬代の助けになり、村の人たちのぎりぎりの生活を支えています。女性たちは、籠の中に布を入れ、農作業に向かいます。そして農作業の合間に、木陰で刺繡に精を出します。

※特定商取引法に基づく表記 (返品など)

※この商品について問い合わせる

      
発送方法 西濃運輸
時間指定午前/午後のみご指定いただけます
注文方法 カートよりご注文ください
受注確認 ご注文後の自動配信メールでご注文が確定いたします
欠品商品 後日、入荷待ち等のご連絡をさせていただく場合がございます     
送料 総額8,000円以上で無料((8,000円未満の場合は840円)
決済方法 代引き・郵便振替・コンビニ・クレジットカード決済

※初めてお買い物をされるお客さまへ

クレジットカードまたは代引きでのお支払いをお願いしております。
また、クレジットカード決済をご選択されましたお客様は、翌営業日に決済URLをメールにてご連絡いたします。大変お手数ですが、そちらのURLから決済手続きをお済ませください。決済が完了次第、商品を発送致します。